もくもく 快適 ヘアー ライフ
薄毛の悩みを解決したい男性の為のリアル体験ブログ
アートネイチャー体験談

【実体験】アートネイチャーのかつら(ウイッグ)の料金・値段・維持費はいくら?

もくもく
もくもく
みなさんこんにちは。
私は、アートネイチャーのヘアーフォーライフを10年以上愛用しているヘアーフォーマニアのもくもくです。

このサイトは、ハゲでお悩みの方や、薄毛の人にしかわからない方の悩みを共有できればと思い立ち上げたサイトです。

薄毛でお悩みの方、まだまだ望みはあります。

みなさん、諦めずに前に進みましょう。

もくもく
もくもく
当サイトを見て、世の中の薄毛で苦しむ男性のみなさんに、少しでも役に立って欲しいと思います。

私は、みなさんと一緒に薄毛の悩みについて考えていきたいと思っています。

疑問な点や、薄毛で困ってることなどがあれば、お問い合わせよりご連絡ください。
質問なども、ガンガン受け付けてます。

また、現在利用中の方も使用方法など情報を共有していければと思っております。
ので、指摘や質問などありましたらお問い合わせよりご連絡ください。

追ってご連絡させていただきます。

さて、今回のテーマは、かつら(ウイッグ)の値段について書いていきます。

Check!!

・実際のかつら(ウイッグ)の値段は!
・ヘアーフォーライフのかつら(ウイッグ)の維持費はどのぐらいかかるのか?

 width=

この情報は、私自身の実際の体験情報です。

このサイトの目的は、かつら(ウイッグ)のインフレ商品の上げ止まりが目的でもあります。

もくもく
もくもく
身体の悩みは、他の人には相談しにくいですよね。
かつら(ウイッグ)を、利用している私達は、情報源は店員さんのみがほとんどです。
ネットも、実際に使ってる人が記事を書いているのはあまり見かけないです。
そこで、私がこのサイトで、
利用者の声を大きくしていきたいと思ってます。

止まって欲しいはげの進行と、かつら(ウイッグ)のインフレ。

アートネイチャー かつら(ウィッグ)の値段の目安 

もくもく
もくもく
このページを読んでくれてるということは、育毛でかなり努力されたと思います。
育毛から、かつら(ウイッグ)へのステップアップに役立てればと思います。

では、さっそく、かつら(ウイッグ)の値段について書いていきたいと思います。

かつら(ウイッグ)の値段は、ネットで調べても公式サイトに料金はのっていません。

これは、一人一人の頭に合ったオーダーメイドのかつら(ウィッグ)を作るため、正式な値段の見積もりを出せないので載せてないようです。

また、かつら(ウイッグ)には数種類の種類があります。

・貼り付けるタイプ
・髪に縫いつけりタイプ

この中でも、さらに種類があるのですが、
今回は、私が使っているヘアーフォーライフの1番自然な感じに装着できるタイプの接着式をご紹介します。

ヘアーフォーライフの貼り付けタイプが1番いい感じに装着できるだけに1番高額な商品になってます。

このタイプのかつら(ウイッグ)は、面積で価格が決まります。

貼り付ける面積が小さいと価格が安くすみますし、面積が大きくなると価格が高くなります。

さて、ここで
面積はどうだすのか?て疑問に思うと思いますので面積の出し方をご紹介します。

みなさん、
時代劇に出てくる侍を想像してください。
頭は、真を中を剃って、上にちょんまげを付けてると思います。
よく頭を剃った上にちょんまげがある姿を想像してみてください。

 width=

そして、ちょんまげをのけた姿。

もくもく
もくもく
実際の画像は、こんな感じになります。
 width=

ヘアーフォーライフは、バリカンで薄くなった頭部の毛を剃り落とします。

そしてハゲ武者状態になります。

そこに、かつら(ウイッグ)を張り付けます。

もくもく
もくもく
1度やってしまうと、やっぱりちょっと辞めます。
とは、出来ない感じになります。

データの改ざんで捕まった一級建築士の方や、会計不正で捕まった号泣議員の方が裁判の時に坊主になっていたのは、こういう理由があるのかな?と思いながらニュースを見てました。

面積はこの横幅と生え際からの縦幅で計算します。

後頭部や横幅の禿げが進行していくと、その分の面積が広くなり料金が高くなります。

料金的には、
60万〜150万くらいの幅があるのかな?と思います。

私の場合は、10年前は60万でしたが、

はげの進行と、かつら(ウイッグ)のインフレの影響で、

今は120万円です。

もくもく
もくもく
まぁ〜、技術的にもかなり進歩してます。

現金一括で払えればこれでおさまりますが、信販会社で数回払いのローンを組むとさらに利息が発生して20万程取られます。

総額およそ140万円ほどです

もくもく
もくもく
技術も上がってるんだろうけど、超インフレ傾向にあるかつら(ウイッグ)。
現在は、10年前の1.5倍以上の値段になってるのでふところのダメージは大きいです。

アートネイチャー かつら(ウィッグ)の維持費

もくもく
もくもく
高額なかつら(ウイッグ)の維持費について詳しく書いていきます。

先程紹介したかつら(ウイッグ)は消耗品です。
貼り付けるタイプのヘアーフォーライフの継続して使用できる期間は1枚6ヶ月間のみです。

理由は、

①かつら(ウイッグ)の人工毛も徐々に抜けていく事。
②かつら(ウイッグ)の土台のネットが劣化する事。

かつらの人工毛も髪の毛を、といたり・洗ったりの日々の生活を送っていると抜けていきます。
かつらの人工毛が薄くなってくると、土台のネットが見えてしまう為使えません。

また、土台のネットはかなり薄く作って自然な感じになってます。このネットも日々の生活で劣化していきます。
最終的には、縮んでしまったり破れてしまったりして使えなくなります。

劣化して使えなくなる前に、新しいものと交換します。

もくもく
もくもく
この交換時期も実は、ストレスがかなりかかります。
劣化したかつらから、新しいかつらに変更する時もやはりいきなり髪の毛が増える違和感との戦いになります。

ヘアーフォーライフの詳しい使用感の記事はこちらです。

先程紹介した120万円は、4枚分の値段です。

つまり、2年間でまた新しいものを購入しないといけません。

もくもく
もくもく
1番自然なヘアーフォーライフは、1番自然な感じになるのですが、その分、耐久性が1番低いかつら(ウイッグ)です。

次に、日々のメンテナンス費用について書いていきます。

まずは、人工毛用のシャンプーとコンディショナー代。

シャンプー1500円、コンデショナー3000円です。
シャンプー・トリートメントともに、約2ヶ月くらい持ちます。

ヘアーフォーライフの貼り付けるタイプのかつら(ウイッグ)は、2〜3週間に一度のアートネイチャーに行って、メンテナンスが必要です。

メンテナンスをする理由は、

①貼り付けている接着剤が汗と混ざって髪がベタつき、1番のメリットである自然感が出なくなる為。

②接着が弱くなり剥がれる恐れがある為。

③自毛が伸びすぎてかつら(ウイッグ)との自然さがなくなってしまわないよう自毛をカットする為。

メンテナンス費用は、平日と土日で変わってきますが、

平日が基本料金約4000で、土日が基本料金約8000になります。
伸びた髪の毛をカットをするとカット料金約1000円が発生します。

このほかにも、かつら(ウイッグ)をコーティングしたり、頭皮のケアをすると追加料金が発生します。

もくもく
もくもく
私は、コーティングも頭皮ケアもお試し無料サービスの時以外はやった事がありませんが頭皮ケアは、とても気持ちがよかったです。
 width=
 width=
 width=
 width=
 width=
 width=

いつも同じなのであまり見てませんが、標準の料金はこんな感じになってます。

私の場合は土日に行っているので、

カット無しで、約8000円

カット有りで、約9000円

を払ってます。

もくもく
もくもく
1ヶ月の維持費は、約2万円くらいかかります。

アートネイチャー ヘアーフォーライフ値段 まとめ

もくもく
もくもく
本当にもう10%から20%は安くなって欲しいです。
個室でメンテナンスしてもらってますが、壁の向こう側の人はいったいどうやってるのか気になります。

今回は、私が使用しているヘアーフォーライフの1番自然な感じが出る1番高いかつら(ウイッグ)の値段です。

2年約120万、月のメンテナンス約2万円かかります。
シャンプー・コンディショナーが1年約2万円。

合計すると、2年間合計約178万円かかる計算です。

かなりの高額な買い物になります。

かつら(ウイッグ)の種類によっては、この金額より安くなる物もあります。

個人の状況によって価格は変わってきます。

はげの進行が進んでいない場合は、当記事よりも安く済む場合もあります。

気になる方は無料体験で、金額だけでも確認してみてはいかがでしょうか?

無料体験を申込む

【実体験】アートネイチャーの増毛についての料金や使用感などの疑問を徹底的に解決します。 また、私はヘアーフォーライフのかつら(ウイッグ)を着用する前にアートネイチャーの増毛と育毛を経験してます。 私も昔、薄毛で...